友人の故郷

友人の七回忌の法要は、午前中でしたので
お寺がある山形へは、朝4時過ぎに出て 新幹線から朝の日本海を見て行きました


山形1


彼女が難病を患ったのは10代の時、二十歳まで生きるのは難しいと言われたそうです
当然、この病気で子供を産んだ人などいない中、本当に奇跡のように授かり
彼女が 宝物のように育てた息子さんも、立派にご挨拶していたよ

でも、幼なじみの うちのおにいとは 本当に昔から 雰囲気がよく似てるよね・・・

山形2

明るくてしっかり者の彼女らしく、生前に 息子の大学から大学院までの学費と生活費を
全て用意し、しっかり勉強させて国立大学に合格させ、楽しみにしていた入学式も車いすで
参加して、しっかり見届けてから逝ったよね・・・

本当に、天晴れな人生だったね

今では、望んだ会社の研究室で 立派に働いているよ

ただひとつ、彼女が心残りだったのは息子のお嫁さんのこと

わたしが彼女の入院している仙台の病院へお見舞いに行った帰りに
新幹線の中からメールで話したのは・・・
「私たちの息子は 二人ともおっとりしちゃってて 奥手そうだから、
変な女性に騙されないか心配だよね」
「そうだよ!だから、それまで 私たちが ちゃんと目を光らせてないとダメなんだからね!」
「そうだね!ちゃんと見届けて、嫁によく言っとかなきゃ!」
「そうそう!」

それが、最後の会話だったね・・・大丈夫だよ!二人のことはちゃんと見張っているからね


法要の後、彼女が育った山形の素敵な所を 観て回った

羽黒山は・・・

山形3

命の洗濯が出来るような 澄んだ空気の 杉の大木の森
でも、帰りの上り坂で ヘェヘェして、良い空気全部出っちゃったかな・・・(=∀=)

五重塔・・・

山形4

厳かで神秘的な佇まい

庄内神社では・・・

山形5

『刀剣乱舞』とコラボ中

山形6

こんなモノまで・・・!! おねえに写真見せてあげよっと (〃▽〃) 

即身仏にもお参りしてきました・・・

山形7

母(ばあちゃん)へ、即身仏の衣が入ったお守りを・・・


さて、その頃 たまさぶは・・・というと

山形8

おねえに 足の上に乗せられて 遊んでもらい・・・

山形9

おねえの『たまさぶ愛』炸裂中 だったようです・・・


帰りの電車から 観た景色は・・・・・・

山形10

ただただ、空と平野が 大きくて 美しくて・・・・・・
まるで、彼女の人柄のようだったな・・・・・・



今日のたまさぶは、楽しんでいただけましたか?
『可』なら 下のたまさぶ写真 2つを ポチ!ポチ!(クリック)『不可』ならポチ!なしで、教えてくださいね!
※迷ったときはポチ!ポチ!の方向で… (´ω`人)♪

  にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

COMMENT 4

-  2016, 10. 13 [Thu] 12:58

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

-  2016, 10. 13 [Thu] 14:53

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

cocomama  2016, 10. 13 [Thu] 15:47

難病を患いながらも強い意志で生きてこられたご友人
とても素敵な方だったんでしょうね。
息子さんのお嫁さんを見ることは出来なく残念でしたが
そんな友人に育てられた息子さんは、きっと素敵な方を選ばれるのではないでしょうか。

連休中 同じ山形に行っていたのですね。
早朝から お疲れ様でした。 
荒々しい日本海が新鮮です。

たまさぶちゃんは おねえにしこたま可愛がってもらっちゃったのね…(*´д`)アハァ

Edit | Reply | 

えのころ  2016, 10. 15 [Sat] 00:08

cocomama 様

この友人のことを思い出すと、自分も頑張らなくっちゃ!と、思います。
亡くなった今でも、元気と勇気をもらってるんですね (*^_^*)

cocomamaさんの 山形旅行は素敵でしたね!
しましまーずちゃん達は、仲良く2匹でお留守番で・・・♡
たまさぶも、そんなだったらどんなに良いだろう・・・と、きっと思ってると思います (^^;)

Edit | Reply |